人前で話す緊張を快感に変える!ルンルン心理学
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

最高の状態をイメージして緊張を解く

オリンピックのスケートで金メダルを取った清水選手も、
明確にイメージをするそうです。

金メダルを取った前日は、レースに入る前からレース中の
細かなライン取り、相手選手との駆け
引き、ゴールの瞬間までイメージをしたそうです。

それだけに止まらず、優勝して、金メダルを首にかけて
表彰台で涙を流している場面まで想像を
し、実際に涙を流していたそうです。

次の日には、全く同じ光景が清水選手の前で
繰り広げられたことになります。

それだけ、イメージトレーニングは大切なんですね。

ただ、このイメージトレーニングの怖いところは、
イメージ通りに行かなかった時、途端に緊張
状態に入ってしまうことです。

なので、最高の状態をイメージするのもいいのですが、
ここで上手くいかなかった時の
対処法はどうするかなど、色んな場面を想定してイメージしていると、
現場でトラブルがあっても落ち着いて対処できます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。