人前で話す緊張を快感に変える!ルンルン心理学
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

初めての現場、人前で話す事に慣れていない場合の対処法

初めての現場、人前で話す事に慣れていない場合の対処法をお話しします。

まず、緊張する要因としては、先が読めなかったり、
何が起こるか不安と言う精神的なものが大きく影響しています。

僕もそうなんですが、内容が良くわかっていなかったり、
準備不足だったりすると、緊張をしてしまいます。

では、そうならない為には、準備をしっかりと
怠らないというのも勿論大事なのですが、まず、
現場の経験がない人は、現場の状況に慣れてしまう必要があります。

その時に有効なのが、イメージトレーニングです。

僕も、慣れないイベントの前や、あまり知らないアーチストと
インタビューする時は緊張をします。

なので、その前にイメージトレーニングをしっかりやります。

イベントなら、最初から最後まで、
イメージの中でしっかりリハーサルをするのです。
声にだして原稿を読む事もしますが、それだけではダメです。

その時の状況や、お客さんの反応、空気感まで感じながら、
その現場の状況をイメージして想像の中でリハーサルをするのです。

これを何回か繰り返せば、もう、一度体験した事になるので、
現場では同じように進行するだけ。
緊張も和らぎます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。