人前で話す緊張を快感に変える!ルンルン心理学
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

緊張を解く、逆転の発想

立て板に水のように、すらすらとプレゼンをやってし
まうと、平坦で、かえって聞く者の心に残りにくい。

反対に、話が途切れたり、つかえたり( 自分ではかな
り嫌なものだが)、そういうときの方が相手もよく話を聞
いてくれているものです。

意外ですか?

水を打ったように静まりかえった会場で、ぽつり、ぽ
つりと飾り気のない言葉で心情を語る。

それだけでも感動は広がるはずだ。

どんなに、自信があっても、
流ちょうにやってはいけないんです。

あなたが有名人ならともかく、そうでなければ
「少しぐらい話がうまいからといって鼻にかけて」
と、反感を買い、
逆効果になることだってあるんです。

というか、ほとんどそう。

緊張するのは、当たり前。

上手に緊張を演出しよう。

次回は、それでも極度の緊張症の人は、どうすればよ
いか、より突っ込んだ話をします。

緊張を押さえるための一般論です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。