人前で話す緊張を快感に変える!ルンルン心理学
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

人前の発表であがらない方法

シンプルに生きることの重要性。

他人の気持ちや評価を気にする人は緊張しやすい。

これは、日本人として当然の心情であり、
美徳とも考えられてきた。

他人の目を気にせずシンプルに生きるという
考え方は、プレゼンに活かせる。

プレゼンを行う前から、あれこれ評価を気に
していたら、緊張してしまうだろう。

緊張する人は、人からほめられたとき
謙遜する人が多い。

緊張する人は、人に好かれるタイプだ。

でも、自分のことをほめられときはディスカウント
して、叱られたときは大げさにしょげていたら、
釣り合いがとれなくなる。

ときにはパターンを変えることも必要だ。

一番よいのは、
ほめられようが、
けなされようが、
周りの評価を気にしすぎないことである。

「誰々が」ではなく、
「自分が、自分が」
と、何でも、自分を主語にして
考えるようにしてみよう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。