人前で話す緊張を快感に変える!ルンルン心理学
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

人前で話すときの緊張の原因は。。。

大勢の前で話す勉強しようと
思う動機は大きく2 つに分けることができます。

一つめは、
うまく話せるようになりたいという動機

二つめは、
人前で緊張したくないという動機

大抵の人は両方とも動機としてあるけど、
前者が強かったり、後者が強かったり、
個人差がある。

私ははどちらかというと後者かな。

現状に満足していない人は。
理想と現実のギャップに反応しやすいし、
「見られている」意識も強いものです。

人からの評価をつい考えてしまう。

つまり、
理想の自分と現実とのギャップ人目、評価
これらはすべて緊張を生み出す源、原因です。

例えば、会社でのプレゼンの場合、
企画会社や講師業などプロのプレゼンターじゃない限り、
いつも接している人を対象にすることがほとんど。

あなたを知らない人よりも、ちょっとばかり、
あなたを知っている人たちがプレゼンの対象となるから、
余計に、緊張してしまう。

そんなことはありませんか?

私はそうです。

プレゼンのスキル書は、元もと、プロの手によって
書かれているので、プレゼンを上手になりたいと
願う人の心の機微に少し鈍感だったりする。

緊張するからといって恥ずかしがることはないんです。

緊張と向上心は表裏の関係にあるんです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。