人前で話す緊張を快感に変える!ルンルン心理学
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

緊急事態を回避する

人前で話すときに、短い時間ならいいんですが、
あるていどまとまった時間、
30分とか1時間以上とか話さないといけない。

そんなときは、緊急事態用の話を準備しておくと
気が楽になります。

何か、とっておきの話を用意しておいて
困ったときにそれを話すということです。

あなたにはあなただけの「とっておきの話」
を準備してください。

それってどんなの?

それは世界最高のとっておきの話である、
スティーブ・ジョブスの話を紹介したい
と思います。

これを参考にしてください。



大きな感動を相手に与えるために
距離感を縮めることが
いかに大切か。スティーブ・ジョブスの
伝説のプレゼンが教えてくれます。

プレゼンの極意が詰まった
「たった3つの話」
スティーブ;ジョブスの「たった3つの話」を
今すぐじっくりみてください。

そしてこのプレゼンの極意は
実は誰でも使うことができるんです。

自分の生い立ちなどの原体験
と人生における挫折体験
これを淡々と正直に語ること

これで聴衆はあなた以上に
あなたのことを知っている状態になります。

そして、3つ目があなたの言いたいことを
しっかりと言い切ること。

ジョブスは最後に
時間は限られている。だから無駄に
誰か他の人の人生を生きないこと。

内なる声に従って行動すること。

Stay hungry, stay foolish!
(ハングリーであれ、そしてバカであれ)

と学生たちへのメッセージで締めくくります。

すばらしいとっておきの話ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。