<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

人前で話す事に慣れていない場合の対処法

まず、自分の型を作ってしまうのが大切です。
前回は、自分のパターンを作ってしまうと緊張も和らぐという話しをしました。

今日は、初めての現場、人前で話す事に慣れていない場合の対処法をお話しします。

まず、緊張する要因としては、先が読めなかったり、
何が起こるか不安と言う精神的なものが大
きく影響しています。

僕もそうなんですが、内容が良くわかっていなかったり、
準備不足だったりすると、緊張をしてしまいます。

続きを読む

話し方のプロは、喋りのパターンを持っている

話し方のプロは、喋りのパターンを持っています。
「みなさんこんにちは!○○○○の羽田 徹です。」

まず、いつも同じ言葉から入ることで安心をします。

第一声で言葉が出ないと言う方もいますが、
毎回同じ言葉を決めておけば安心ですね。

自己紹介が必要な場合は、30 秒以内で自己紹介が出来るように、
いつも同じ内容を決めておけばいいでしょう。

続きを読む

最高の状態をイメージして緊張を解く

オリンピックのスケートで金メダルを取った清水選手も、
明確にイメージをするそうです。

金メダルを取った前日は、レースに入る前からレース中の
細かなライン取り、相手選手との駆け
引き、ゴールの瞬間までイメージをしたそうです。

それだけに止まらず、優勝して、金メダルを首にかけて
表彰台で涙を流している場面まで想像を
し、実際に涙を流していたそうです。

続きを読む

あがり症の人にはつらい非日常の場

プレゼンは、非日常の場である。
テンションが上がるのは当たり前。

それが、プラスの方向に上がれば言うことなしだが、
緊張しすぎてプラスの針が振り切れてしまうことが多い。

あがり症の人にはつらい非日常の場である。

そのためにも入念な準備は必要だ。

説得のポイント及び全体の流れ( プラン) の概略だけ
は、しっかりメモに書いて、プレゼンの間は手元から紛
失しないようにしよう。

続きを読む

緊張しない自己紹介方法

まず挨拶から始まるわけですが、
話し方のプロは、喋りのパターンを持っています。

「みなさんこんにちは!○○○○の○○です。」

まず、いつも同じ言葉から入ることで安心をします。

第一声で言葉が出ないと言う方もいますが、
毎回同じ言葉を決めておけば安心ですね。

自己紹介が必要な場合は、30 秒以内で自己紹介が出来るように、
いつも同じ内容を決めておけばいいでしょう。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。